ノロウイルス1

ノロウイルスとは、冬季に食中毒や性急性胃腸炎を起こす代表的なウイルスです。ノロウィルスとは 以前は小型球形ウイルスと呼ばれてましたが、ウイルスの遺伝子が詳しく調べられるようになり、そのほとんどは、いままでノーウォーク様ウイルスと呼ばれていたウイルスであることが判明し、2002年8月、国際ウイルス学会で正式に「ノロウイルス」と命名されました。日本でも2003年8月から食品衛生法において「小型球形ウイルス」は「ノロウイルス」に改められました。食品中に含まれるウイルスを検出することが難しく、食中毒の原因究明や感染経路の特定を難しいものとしています。
ノロウイルスの潜伏期間(感染してから症状が出るまでの時間)は24〜48時間で、一番多い症状は突然始まる吐き気(気持ちが悪い)・嘔吐(吐いてしまう)です。下痢、腹痛を伴うことも多いですが、発熱は軽度です。通常、これらの症状が1〜3日続いた後、治り後遺症もありません。ただし、体力の弱い幼児や老人は死亡する場合もあるので注意が必要です。ノロウイルスは下痢等の症状が改善した後も、1週間程度(中には1ヵ月程度)ふん便中に排泄され続けるといわれています。また、感染しても症状が出ない場合や軽い風邪のような症状の場合もあります。この場合でも、ウイルスを排出していることが有ると言われています。
感染はウィルスに汚染された飲食物を口にすることで感染します。またノロウイルスはヒトの腸壁細胞に感染して増殖し、ウイルスが腸管内に放出されます。。ウイルスは感染者の糞便と共に排出されるほか、嘔吐がある場合は胃にわずかに逆流した腸管内容物とともに、嘔吐物にも排出されます。糞便や嘔吐物がごくわずかに混入した飲食物を摂取したり、汚物を処理したときに少数のウイルスが手指や衣服、器物などに付着し、そこから食品などを介して再び経口的に感染します。またノロウイルスの場合、少数のウイルスが侵入しただけでも感染・発病が成立すると考えられており、わずかな糞便や嘔吐物が乾燥した中に含まれているウイルスが空気を介して(空気感染で)経口感染することもあると考えられています。
感染予防は特に飲食物を扱う人が十分に注意を払うことによって効果的な感染予防につながります。特に調理者が十分に手洗いすること、そして調理器具を衛生的に保つことが重要であります。ノロウイルスは、逆性石けん(塩化ベンザルコニウム)、消毒用エタノールには抵抗性が強いので、手洗いによって物理的に洗い流すことが感染予防につながります。また、ノロウイルスは85℃以上1分間以上の加熱によって感染性を失うため、特にカキなどの食品は中心部まで充分加熱することが食中毒予防に重要です。生のカキを扱った包丁やまな板、食器などを、そのまま生野菜など生食するものに用いないよう、調理器具をよく洗浄・塩素系漂白剤による消毒をすることも大事なことです。


RSS関連リンク
キーボードを介してノロウイルスに感染する
ノロウイルスがコンピュータのキーボートやマウスなど共有設備を介してヒトからヒトへ感染することが、米国疾病対策予防センター(CDC)によって報告された。接触感染性の強いノロウイルスは、ウイルス性胃腸炎(stomach flu:胃インフルエンザ)の原因 ...

風邪インフルエンザ風邪風邪ノロウィルス
ノロウィルス?」 いやいや. 母「でも今年の風邪は胃腸炎みたいな感じらしいよ」. ギクッ。 ま、大丈夫でしょ。 ご飯も普通にいただきましたっ! 明日からは、ちゃんと部活行けそう!ってか行かなきゃ! 団体密かに狙っとりますから。 ...


トップへ戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。