魚の目治療2

魚の目ができても治療せずに放置しておく人は多いのではないでしょうか。魚の目のタコと異なる点は、皮膚の奥深くにまで根を張っていること。タコは角質が硬化して、皮膚表面にのみ影響を及ぼしますが、魚の目は皮膚の奥に核を持ち、これを強く圧迫すると神経を触って痛みを引き起こします。
魚の目の治療は、重度でなければ自宅でも行えます。たいていのお薬にはサリチル酸という角質軟化剤が入っており、それを使用した後、フットケア用品で角質化した皮膚を除去していきます。しかし、患部周辺の健康な皮膚まで一緒に取り除いてしまうことも考えられますので、注意しましょう。
魚の目の治療を自宅で行う際に異常を感じたり、痛みが大きい場合には、病院で相談するのがいちばんです。皮膚科を受信するのが一般的ですが、現在では一部のフットマッサージ店や美容整形外科でも治療を受けられる所もあります。病院での治療は、皮膚の奥にある魚の目の核を取り除くことになります。
魚の目の治療では、重度の場合は手術を行うこともあります。再発を防ぐために魚の目の核を根本から除去するのは大きなポイントです。メスによる切開法もありますが、レーザーで核を焼くレーザー治療は、患部周辺の健康な皮膚をできるだけ傷つけずに済みますし、術後の傷の治りも早いようです。


RSS関連リンク
魚の目治療
軽い魚の目であれば、しばらく貼っておくと自然に治っていきます。次は、薬を使って魚の目治療する方法です。薬局や通販で売っている薬に、スピール膏など、塗るだけで患部を軟化させるものがあります。しかし、無理して芯を取ろうとしてはいけません。 ...

魚の目治療
また、魚の目を削ったり刺激を与えることで、体の防御反応により皮膚は、さらに硬くなってしまい、かえって逆効果となります。魚の目をこじらせないためにも、皮膚科の診察を受けることをオススメします。 RSS関連リンク魚の目治療 軽い魚の目であれ . ...


トップへ戻る
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。