膝の痛み2

膝の痛みの原因は、老化による膝軟骨の擦り減りや、変形、体重の増加に伴う膝への負担、スポーツなどによる外的要因、長年の姿勢によりバランスの崩れた体型による膝の一部分にだけかかる負担などが考えられます。そのどれもが膝の痛みの軽いうちの治療が、早期治癒につながります。
膝の痛みが年齢とともに起こる膝関節の変化である場合は、痛みに対するアプローチと共に、痛みの強度、変形の度合いによっての適切な処置がありますから、早い段階での医師への診察を開始する事をお勧めします。その上で、自分に可能な生活の改善を目標を持ってする事が望ましいと思います。
ひざの痛みを軽減あるいは改善する為の治療方法は、医学の進歩で毎日のように新しい物が生み出されています。痛みに対する直接のアプローチである手術も、薬も、姿勢の矯正等の手技療法も、どれもが日々進化しています。しかし、その進化も、あなたが扉を叩かなければ勝手に開く事はありません。まずは痛みから逃げずに、現在の自分と向き合う事が大切です。
膝の痛みに対して一番怖いのが、「まだ大丈夫」「まだ我慢できる」という間違った考えです。痛みは何かの原因に対して身体が改善を求めている警告サインです。それを無視して生活を続ける事は、自分で自分を無視していることと同じです。声をかけられたら返事をするように、好きな人からの頼みには答えてあげるように、痛みと言う身体からの言葉を聞いてあげてください。自分自身の頼みを無視しないようにしてください。


RSS関連リンク
腰痛から膝痛
野球をやってるのですが先週ぐらいから左の腰が痛くなりマッサージしてあまり気にせずに筋トレや素振りをやってたのですが今日あたりから左膝の皿の上の外側が痛み出してきました。 腰痛と関係あるんでしょうか?

膝痛み
膝の痛みで日常生活に違和感を覚えるようになっている方は、早急な原因の追及と解明を必要とします。膝のどの部分が痛むのか、何をした時に痛むのか、いつ頃からの痛みなのか、できるだけ日常生活を思い出して見る事をお勧めします。 ...


トップへ戻る
タグ:膝の痛み
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。