メタボリックシンドローム


メタボリックシンドロームとは、最近ではメタボと略され、生活習慣病の代名詞のように使われていますが、厳密には、内臓脂肪型肥満に高血圧、高血糖、高脂血症のうちふたつ以上が併発した状態のことで、1998年にWHO(世界保健機関)が診断基準と『メタボリック症候群』という名称を発表したことで一般的な病態名になりました。
内臓脂肪や高血圧、高血糖や高脂血症など、メタボリックシンドロームを構成する要素は、動脈硬化を引き起こす危険因子だと考えられています。それらのうち、ひとつでも当てはまる場合、動脈硬化の発症リスクが5.1倍、ふたつだと9.7倍にもなります。メタボリックシンドロームのように3個から4個だと発症リスクが31.1倍まで跳ね上がるといわれています。
メタボリックシンドロームの予防や改善は、運動習慣をつけることと、食生活を健康的な食事へと改善すること、それと禁煙をすることが必要です。内臓脂肪は、運動をすれば一番最初に燃焼する脂肪です。しっかりと運動する習慣をつけることで、効果がはっきりとあらわれます。運動習慣で減らした内臓脂肪を、食生活を改善することで、しっかり維持しましょう。
2004年の厚生労働省の調べで中高年男性の2人に1人、中高年女性の5人に1人がメタボリックシンドロームまたは予備軍だと発表されたため、2008年4月から40歳から74歳の中高年層は、特定健診が義務付けられ、メタボリックシンドロームまたは予備軍だと判定された方は、特定保健指導の受講も義務付けられます。


RSS関連リンク
DHC・ファビノール・炭水化物ブロックサプリメントが到着しました。
到着しました。 かみさんが飲みはじめてます。 私も耐糖試験してみます。 詳細はメルマガで。

停滞期を乗り越えろ!
メタボリックシンドローム対策やダイエットを はじめると、元々の体重にも寄りますが 2?3kgは軽く体重が落ちます。 この小さい成功体験のおかげで、「ダイエットは簡単!」と思い込んで、 停滞期が来た時にショックを受ける人は少なくないです。 ...


トップへ戻る
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。