メタボリックシンドローム

メタボリックシンドロームとは、1998年にWHO(世界保健機関)が判断基準と『メタボリック症候群』という名称を発表したことで病態名として利用されるようになった生活習慣病の代名詞です。メタボリックシンドロームの判断基準は、内臓脂肪型肥満に高血圧・高血糖・高脂血症のうち、ふたつ以上を併発した状態のことです。
メタボリックシンドロームの判断基準になっている内臓脂肪、高血圧、高血糖、高脂血症は、動脈硬化を引き起こす危険因子だと考えられています。それらの危険因子をひとつでも持ってしまった場合、動脈硬化の発症リスクが5.1倍になるといわれています。ふたつの場合は、9.7倍。メタボリックシンドロームのように3つから4つ持ってしまうと、31.3倍にまで膨れ上がると言われています。
メタボリックシンドロームの主原因である内臓脂肪のコントロールが、メタボリックシンドロームの予防と改善につながります。運動する際に一番最初に燃焼する内臓脂肪は、運動習慣をつけることで、しっかりと減少させることができます。食生活を改善すれば、その維持ができ、体調を整えることができます。喫煙者にとっては、禁煙も効果的です。
平成16年(2004年)の厚生労働省の発表によると日本のメタボリックシンドローム人口は、予備軍を含め、40歳から74歳の中高年男性で2人に1人、女性で5人に1人だそうです。それをうけて、平成19年(2008年)4月から、医療制度改革のひとつとして、中高年層に健康診断を義務づける特定健診制度がはじまります。特定健診で、メタボリックシンドローム、もしくは予備軍と判定された方には、特定保健指導をうけることも義務付けられます。


RSS関連リンク
メタボリックシンドロームとダイエット
メタボリックシンドロームを改善することや、それを予防することを目標にダイエットをしている人が最近とても多くなっているといいます。 この「メタボリックシンドローム」という言葉は最近メディアなどでもよく取り上げられるようになりました。 ...

メタボリックシンドロームの対策方法
メタボリックシンドロームになると自分自身でも気が付かないうちに動脈硬化が進んでいます。 ここでは動脈硬化についてご紹介します。 これはメタボリックシンドローム対策のひとつとして重要なものです。 中性脂肪が多い人はほぼ全員血液がドロドロし ...


トップへ戻る
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。