腎臓病の食事療法

腎臓病の方の食事療法は、食事で病気を治す、というよりも腎臓の負担を軽くして、病気の進行を遅らせることが目的です。腹膜透析や血液透析を行っていても、同時に食事療法を効果的に行いながら、日常生活を送ることもできます。
腎臓病、というと塩分を減らす、ということが真先に思い浮かぶ方が多いでしょうが、実際には適正な量の塩分や水分、タンパク質、エネルギー量を維持しなければならないのです。自分だけの判断だけではなく、医師や管理栄養士に指導してもらいましょう。
腎臓病の食事療法を間違えるとどうなるのでしょう。例えば食塩の取りすぎはむくみと高血圧を引き起こし、タンパク質をとりすぎると、血液中の老廃物を増やしますし、糖分と脂肪のとり方が少ないと、尿素や窒素などの老廃物が増えて、腎臓に負担をかけてしまいます。
腎臓病の食事では、体内に老廃物を蓄積させないようにして、健全な日常生活活動ができるような栄養状態を維持することが大きな目的となっています。担当の医師や管理栄養士に相談をして、食生活を改善していきましょう。


RSS関連リンク
情報 ニュース <腰痛治療>自己細胞で椎間板再生 東海大が春に臨床 ...
・<腰痛治療>自己細胞で椎間板再生 東海大が春に臨床試験 -- 2月4日13時19分配信 毎日新聞.

情報 ニュース 広島市民病院:県内初の臓器摘出手術 60歳代、脳死 ...
・広島市民病院:県内初の臓器摘出手術 60歳代、脳死判定の女性患者から /広島 -- 2月6日16時2分配信 毎日新聞.


トップへ戻る

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。