腎臓病には

腎臓病には食事療法が有効です。これは腎臓の負担を少なくして病気の進行を遅らせるためのもので、1人1人の症状によって療法の内容は異なります。また腹膜透析や、血液透析を行う場合にも、治療効果を妨げないような食事療法が必要となります。
腎臓病、というと塩分を減らす、ということが真先に思い浮かぶ方が多いでしょうが、実際には適正な量の塩分や水分、タンパク質、エネルギー量を維持しなければならないのです。自分だけの判断だけではなく、医師や管理栄養士に指導してもらいましょう。
腎臓病の食事療法は失敗すると、病気を悪化させてしまいます。食塩を取りすぎるとむくみや高血圧を引き起こします。タンパク質も糖分や脂肪も、量を誤ると血中の老廃物を増加させ、腎臓に大きな負担をかけてしまうことになるのです。
腎臓病の食事療法を、家庭でも精神的な負担を和らげながら継続させるために、タンパク質を抑えたり、エネルギーを補ったりするための治療用特殊食品があります。良質なたんぱく質を含む肉や魚などをとるためには、この治療用特殊食品も利用するといいでしょう。


RSS関連リンク
情報 ニュース 米がん患者2%が「CT原因」 2008年1月
・米がん患者2%が「CT原因」 -- 米コロンビア大試算 放射線に被ばく.

情報 ニュース ES細胞から視細胞作製 京大と理研など、移植治療へ ...
・ES細胞から視細胞作製 京大と理研など、移植治療へ応用期待 -- 2月4日10時39分配信 京都新聞.


トップへ戻る
タグ:腎臓病
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。