腎臓病の治療

腎臓病の主な治療は安静、保温、薬物療法、そして食事療法があります。病気の進行を抑えるには、食事療法が有効です。仮に慢性腎炎や慢性腎不全になっても、食事療法を続けていれば、健康な人と同じように生活ができます。
腎臓病、というと塩分を減らす、ということが真先に思い浮かぶ方が多いでしょうが、実際には適正な量の塩分や水分、タンパク質、エネルギー量を維持しなければならないのです。自分だけの判断だけではなく、医師や管理栄養士に指導してもらいましょう。
腎臓病の食事療法を誤った方法で進めると病気を悪化させてしまいます。減らすだけではなく、治療に必要な栄養分を必要な量だけ摂取することが大切なのです。そうでなければ腎臓にとっては大きな負担となってしまうのです。
腎臓病の食事では、体内に老廃物を蓄積させないようにして、健全な日常生活活動ができるような栄養状態を維持することが大きな目的となっています。担当の医師や管理栄養士に相談をして、食生活を改善していきましょう。


RSS関連リンク
-
・ホームページへ.

腎臓病食事の内容のコントロール【糖尿病 食事】
クリスマスまで待てなかったって言う「食事の内容をコントロールする」やり方は、特定の病状の悪化を防ぐ場合に多く用いられます。 特定の食事内容を減らす 代表的なものでは、高血圧、腎臓病の場合に塩分を制限する、糖尿病の場合に砂糖やカロリーを。


トップへ戻る
タグ:腎臓病
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。