痛風

痛風と呼ばれる関節を襲う激痛は、尿酸の血中濃度の値の上昇から起こります。その原因は尿酸の排泄がうまくいかないことや、プリン体を含有している食物の過剰摂取などが考えられます。この時尿酸は結晶化して尿酸塩となっています。
尿酸の値が上がると、痛風を発症するだけではなく、腎臓にも大きな負担をかけることになります。これは尿酸は腎臓から尿として排泄されるからで、処理しきれなかった尿酸は結晶化したうえで腎臓にたまり、腎障害を引き起こします。
美食や過食は尿酸の値を上昇させる原因ともなっています。このことから痛風はかつて、贅沢病といわれていました。また、アルコール類の飲みすぎも尿酸を蓄積させる原因の一つ、となっています。少し食生活を見直しましょう。
尿酸の値の上昇は、腎臓障害を引き起こし痛風を悪化させます。この段階まで症状が進むと病院で治療を受けることになります。日頃から食事や飲酒の量、肥満にならないように体重の管理などに配慮し、定期健診などを受けておきましょう。


RSS関連リンク
痛風?
しかし、尿酸値が正常値70に対して72でした。 また、腎臓が腎孟肥大と出ていました。 左足の甲を手でたたくと少し痺れをかんじます。 ちなみに、プリン体に関しては、ビールはたまに飲む程度でレバーや内臓系は嫌いです。 尿酸値が上がる=痛風になると ...


トップへ戻る
タグ:痛風
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。