尿酸値

尿酸は排泄がうまくいかなかったりプリン体を摂取しすぎると血中濃度の値が高くなるだけでなく、結晶化してしまいます。これは尿酸塩と称されます。このような状態になると痛風と呼ばれる激痛の発作が起こるようになります。
尿酸の値が上がっても、すぐに自覚症状として現れるわけではありません。通風として発症した段階でかなり病状が進んでいるわけです。あらかじめチェックしておこうと思ったならば、血液検査をする以外に方法がないのが現実なのです。
尿酸の値を下げるためにはレバーや鰯、エビなどのプリン体を多く含む食品や、アルコールを控えることが大切です。それ以外にも水分を多めに取って排尿を促進させなければなりません。美食や過食は絶対に止めましょう。
尿酸の値が上がりすぎないようにするには、食事に気をつける以外にも、肥満をしないように体重のコントロールも必要です。さらに、定期的な検診や人間ドッグなどで検査をして、血液中の尿酸の値をチェックするようにしておきましょう。


RSS関連リンク
通風発作が終了
でも尿酸値には気をつけましょう 当分はノンアルコールや〜 ★昨日のこがんだ 7:40 菓子パン コーヒー 13:00 幕の内弁当(さば→アジフライ代替Ver.) 16:00 チョコレート2粒 クッキー6枚 コーヒー 19:45 萌やし炒め ご飯2杯 納豆 重さ 106.1kg ...


トップへ戻る
タグ:尿酸値
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。