アスタキサンチンとは

アスタキサンチンとは、サケ、オキアミやエビ、カニの殻や甲羅に含まれている赤い色素です。サケは本来白身魚なのですが、オキアミやエビ等を餌にしているのでアスタキサンチンが身に蓄積されサーモンピンクになります。
富士化学工業が行ったアスタキサンチンの健康補助食品としての安全性確認の試験では、6mg/日/3ヵ月摂取した長期摂取試験、同じく30mg/日/4週間摂した取過剰摂取において副作用など人体に悪影響を及ぼすといった報告はされませんでした。
アスタキサンチンは血液脳関門を通れる数少ない物質です。脳の活性酸素を撃退し、不眠症や痴呆症脳や眼精疲・白内障など、神経系の器官で強力な抗酸化力を発揮できることで注目されています。
更に紫外線によるお肌のダメージを緩和する役割をすることもわかっています。アスタキサンチン自体は紫外線を吸収する働きはありませんので、その高い抗酸化力でダメージを和らげると考えられています。


RSS関連リンク
アスタキサンチン
アスタキサンチンというのは、サケ、オキアミやエビ、カニの殻や甲羅に含まれている赤い色素です。サケは本来白身魚なのですが、オキアミやエビ等を餌にしているのでアスタキサンチンが身に蓄積されサーモンピンクになります。 ...


トップへ戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。