睡眠・安眠カテゴリの記事一覧

マニフレックス2

マニフレックスのマットレスは、真空パックされロール状で購入者の手に渡ります。購入者は、マニフレックスのマットレスを広げ、ビニールをはさみで開封するとわずか15分で、工場で生産されたままの姿になります。この秘密は、従来のマットレスのようにスプリングを使用していないことです。
眠っている間、体を支えるマットレスは、軟らかいだけでは快適な眠りに繋がりません。軟らかすぎず、そして硬すぎないことが気持ちよく眠れる条件です。マニフレックスのマットレスは、立っている時と同じように、二つのS字カーブを保つことが出来る適度な弾力性を持っています。
マニフレックスのマットレスには、新世代ポリウレタンフォームという素材が使われています。マニフレックス社では、この素材をエリオセルと呼んでいます。これは、密度が大変高い弾性素材で、弾力性と復元性に富んでいます。また、マットレスとして長い間使用しても型崩れしません。
マニフレックス社のマットレスの価格は、形や種類によってもさまざまですが、だいたい3万円から15万円ほどとなっています。またバイオシェイプ枕は、12600円で、すべて信頼できるイタリアの工場で作られ、日本へと運ばれてきます。まずは、ショールームに出かけてみると良いでしょう。


RSS関連リンク
快適な睡眠を提供するイタリア製高反発マットレスマニフレックス
マニフレックスは理理想の姿勢をキープして、快適な睡眠を提供するイタリア製の高反発マットレスです。高反発といってもかたいわけではなく、適度な弾力があり、体圧を分散して背骨のS字型を支えて姿勢を整えます。 低反発マットレスと異なり温度変化に ...

マニフレックス
マニフレックスのマットレスは、真空パックされロール状で購入者の手に渡ります。購入者は、マニフレックスのマットレスを広げ、ビニールをはさみで開封するとわずか15分で、工場で生産されたままの姿になります。この秘密は、従来のマットレスのように ...


トップへ戻る

マニフレックス1

マニフレックスは、イタリアのフィレンツェで生まれたマットレスの会社です。ここはルネッサンス発祥の地で、レオナルド=ダ=ビンチなどの天才が活躍した場所です。マニフレックスは、アルベルト=テラーニという研究者によって開発されました。まさに自然が生んだ産物ともいえます。
眠っている間、体を支えるマットレスは、軟らかいだけでは快適な眠りに繋がりません。軟らかすぎず、そして硬すぎないことが気持ちよく眠れる条件です。マニフレックスのマットレスは、立っている時と同じように、二つのS字カーブを保つことが出来る適度な弾力性を持っています。
マニフレックスのマットレスの素材であるエリオセルは、低反発フォームと違って温度の変化をまったくと言っていいほど受けません。低反発フォームは、温度が低い時には硬くなってしまいます。エリオセルは、体を横にするといつでも同じ硬さで体を包んでくれます。
マニフレックス社のマットレスの価格は、形や種類によってもさまざまですが、だいたい3万円から15万円ほどとなっています。またバイオシェイプ枕は、12600円で、すべて信頼できるイタリアの工場で作られ、日本へと運ばれてきます。まずは、ショールームに出かけてみると良いでしょう。


RSS関連リンク
マニフレックス
私の使っている布団は「マニフレックス ウイング」といいます。 今年の2月ごろから使用しています。 なぜ、この布団にしたかといいますと、 前に使っていた布団がへたってきて、腰が痛くなったためです。 購入する前に、通販カタログやネットでいろいろ ...

マニフレックス日本限定モデル大人気
今日は人気商品のマニフレックスの日本限定モデルをご紹介♪ このマニフレックスはパッドタイプ(^ー^)ノ☆*.。 今使っているおふとんやベッドの上に置くだけで低反発マットに早変わりデ〜ス(O’U≦O)b Magniflex_padjp_t マニフレックス パッドJP ...


トップへ戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。