健康一般カテゴリの記事一覧

脂漏性皮膚炎1

脂漏性皮膚炎(脂漏性湿疹)とは、頭や顔面などの皮脂の多い部分や、腋の下などの汗や摩擦の多い部分に皮膚炎が現れる病気で、新生児期から乳児期にみられる痒みの無いものと、思春期以降、主に成人にみられるかゆみを伴うものとに大きく分けられ、それが原因で、様々病気に移行する事も見られます。
脂漏性皮膚炎の原因は、皮脂の多い部位に常在するマラセチアなどの菌(カビ)による皮膚炎という説が最も有力です。成人型の脂漏性皮膚炎では、ビタミンB群の不足や、肉体的・精神的ストレス、低温度・低湿度が悪化の原因になると考えられていますが、あくまでも仮説段階です。
脂漏性皮膚炎の治療には、第一に外用抗真菌薬を使うのが有効とされています。フケが多い場合には、尿素ローションを併用すると効果的です。全身療法として抗ヒスタミン剤の内服や、ビタミンB2(フラビタン)ビタミンB6(ピロミ ジン)の内服で予防的効果を促します。それと同時に体質改善を進めていく意味で、漢方薬を併用する場合もあります。
脂漏性湿疹は刺激性の食物を好む人に 多く、これらが皮脂の過酸化を促進させて皮疹を増悪させることになります。ビタミンB2、ビタミンB6の欠乏によっても同様の結果となります。つまり刺激性の食物をさけ、ビタミンB2,ビタミンB6を 十分に摂取し、低刺激性のシャンプー、リンス、石鹸などを使う注意が必要です。母乳栄養の乳児の場合、母親のビタミン摂取不足の為に脂漏性湿疹がコントロールできない場合があります。この場合人工栄養に切り替えるか、母親のビタミン摂取量を増やす事が必要です。


RSS関連リンク
脂漏性皮膚炎のリンク集
脂漏性皮膚炎と酒さ: 日記・エッセイ 脂漏性皮膚炎 皮膚とアレルギーの情報サイト かゆみナビ - 脂漏性皮膚炎 協和発酵提供の皮膚とアレルギーの情報サイト。皮膚疾患の種類、原因としくみ、対策、Q&A、お楽しみコンテンツなど。 @cosme美容事典 / 脂漏 ...

にきびと似ている脂漏性皮膚炎
にきびに似ている症状で脂漏性皮膚炎という症状があります。 これは皮脂の分泌が多いといわれている頭や顔の鼻の周りなどに出来やすいといわれています。 少しにきびに似てるために、にきびと間違いやすいのですが、脂漏性皮膚炎という症状です。 ...


トップへ戻る

魚の目治療1

魚の目の治療は、靴を替えるなどの対処療法とは違い、根本的な解決になります。魚の目は、皮膚の表面が角質化し、硬化するタコなどとは違い、皮膚の奥のほうに核を持っています。その核を強く圧迫すると、神経に触って痛みを引き起こします。また放っておくと皮膚がかさつきがちになります。
魚の目の治療は、重度でなければ自宅でも行えます。たいていのお薬にはサリチル酸という角質軟化剤が入っており、それを使用した後、フットケア用品で角質化した皮膚を除去していきます。しかし、患部周辺の健康な皮膚まで一緒に取り除いてしまうことも考えられますので、注意しましょう。
魚の目の治療を自宅で行っている間に異常を感じたり、痛みがひどい場合は無理をせず病院で相談しましょう。皮膚科が一般的ですが、一部のフットマッサージ店や美容整形外科でも治療を受けられる所があります。病院では、皮膚の深い部分にある魚の目の核を取り除くというのが治療の中心になります。
魚の目の治療では、重度の場合は手術を行うこともあります。再発を防ぐために魚の目の核を根本から除去するのは大きなポイントです。メスによる切開法もありますが、レーザーで核を焼くレーザー治療は、患部周辺の健康な皮膚をできるだけ傷つけずに済みますし、術後の傷の治りも早いようです。


RSS関連リンク
魚の目治療
魚の目治療方法としては、まず、薬による方法としては、サリチル酸メチルなどの成分を含む薬などを患部に塗って、ゆっくり時間をかけて治す方法があります。次に、患部を削り取って治す方法です。患部に薬を塗ってて魚の目の部分を柔らかくしてから、 ...

魚の目治療
魚の目の場合、皮膚科での主な治療は、厚くなった角質を削り、硬い芯を除去することです。魚の目の状態によっては、スピール膏を魚の目に合わせて数日間貼って、硬い角質を軟らかくしてから削る場合もあります。また、魚の目の痛みを和らげるために、 ...


トップへ戻る
タグ:魚の目治療
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。